招待状を手作りする!デザイン選びから、これから結婚式を迎える貴方に大事な情報をお伝えします。

招待状専門店72cardのBlog

今まで心に残った結婚式

友人の結婚式後から抱いた憧れ

投稿日:2017年6月16日 更新日:

忘れられない結婚式

わたしには、忘れられない結婚式があります。

それは中学の同級生で、長年に亘って仲良くしていた大好きな女友達の結婚式でした。

実はその友人は20代前半の頃に大病を患い、結婚はおろか生きることさえ難しいかもしれないと言われていた時期があります。

ですがその後奇跡的に回復をし、ついには生涯のパートナーを得られるにまでなったのです。

そういう背景があったためもうそれだけで私も胸がいっぱいだったのですが、まず最初に印象に残ったのが手作りの招待状でした。

通常結婚式の招待状というとウェディングプランナーに委託をして代理で作ってもらうことが多いため、

わたしは招待状をあまりこだわるものではないんだ、と思っていました。

しかし、その友人は11人に手書きのメッセージを添えて大事に招待状を手作りしていました。

sea_breeze_top1

全部で60人ほどに書いたそうですから、労力も相当なものだったでしょう。

自宅にそれが届いたときは、心が温かくなりました。

それから式の最中には色々な余興などをやるのが定番ですが、そこで新郎新婦の親族からのサプライズプレゼントもありました。2人の小さい頃からの映像を編集したVTRと、家族からのお手紙です。

れには涙を堪えることができませんでした。どれだけ2人が愛されているのか、大切に育てられてきたのかというのが垣間見えて、私も改めて家族を大切にしたいなと考えられるようにもなったのです。

52f64977392af6008b3040ed8087774e_s

結婚式でのスピーチの大切さ

結婚式といえば、親族や友人によるスピーチが何よりも感動を呼びます。

友人が大病を患っている過去を知っている私にとっては、友人のスピーチに何より感動しました。

スピーチ内で私の名前も出してくれて、感謝の言葉を述べてくれました。

私は何も力になれていないはずなのですが、そういう風に言ってくれて本当に嬉しかったです。

実は私はまだ未婚です。ただこの結婚式に出席して以降、これまでになかったほど結婚への憧れを持つようにもなりました。

また、苦しいときにはあのときの2人の表情やあのとき貰った温かい気持ちを思い出すようにしています。

友人の結婚式のことは一生忘れないでしょう。私にとっても幸せいっぱいの時間となりました。

参加した人にこういう風に思わせることの出来る結婚式は、とてもすごいと思います。

わたしもいつか結婚をして式をあげることになった時は、友人の結婚式のように誰かに影響を与えれるような結婚式にできたらいいなあと思いました。



結婚式招待状の手作り通販72card

-今まで心に残った結婚式
-, , ,

Copyright© 招待状専門店72cardのBlog , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.