招待状を手作りする!デザイン選びから、これから結婚式を迎える貴方に大事な情報をお伝えします。

招待状専門店72cardのBlog

招待状について

招待状をもらった人はどう思う?(3)

投稿日:2016年2月23日 更新日:

結婚式の招待状について一般インタビューしてます!

結婚式の準備を進める中で、なかなか難しいのが、招待状についてです。
呼べる人数と、誰を呼んで誰を呼ばないか、など、世の中でよく言われている問題もそうなのですが、私が気になってしまうのは、そもそも無作為にご招待してしまっても良いのだろうか、というところです。

 

 


と言うのも、私自身、結婚式の招待状が届くと、正直言ってちょっと困ったなと思ってしまう事が多かったからです。
もちろん、おめでたい事ですしお友達や知り合いとしては心からお祝いしたい気持ちがあるのは間違いありません。それは本当にそう思います。
ですが、やっぱり、ご祝儀が痛い、というのがまずあります。
ずっとフリーランスとして仕事をしていて、食うや食わずの時期もありましたが、そういう時はどんなに暇でも、またどれだけお祝いの気持ちを伝えたいと思っていても、やはり出席する事が出来ませんでした。

 

結婚式招待状シリーズ【モルフォ】72card 手作り用紙販売対応2
あの、ご祝儀は大人は最低3万円という風習、何とかならないものでしょうか。
あれがあった為に一体何度結婚式の招待状に、本気で悩まされた事か。
実際には何の予定も無いのに、仕事が忙しいので残念ですが出席できないという旨を書き添え、欠席に丸を付けて返信する、良心の呵責と情けなさ。
お陰様で仕事も軌道に乗ってきて、少しくらいのお金なら何とかなる様にはなったけれども、それでも3万ははっきり言って今でも痛いです。
私のお友達や仕事関係の方もほとんどがフリーランスなので、同じ様な思いをさせてしまうのでは無いか、と思うと、招待状を送るのを躊躇してしまいます。
いや、他の皆さんは私とは違ってきちんとお仕事をされて、バリバリ結果を出している方ばかりなので、3万円ごときでそこまで悩まれないとは思っています。
だけど、あの貧乏だった頃の記憶、招待状に偽りの丸印を付けて返信したり、時には見なかった事にして握りつぶしたりした日々の事を思い出す度、ほんのちょっとだけご招待の気持ちが引っ込んでしまうのでした。

 

実際は、招待状をもらった人はどう思うものなのでしょうか?



結婚式招待状の手作り通販72card

-招待状について
-, ,

Copyright© 招待状専門店72cardのBlog , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.