招待状を手作りする!デザイン選びから、これから結婚式を迎える貴方に大事な情報をお伝えします。

招待状専門店72cardのBlog

招待状について

招待状選びに気をつけるポイント!

投稿日:2016年2月20日 更新日:

結婚式の準備で必要なペーパーアイテムと言われるものには、結婚披露宴の招待状、披露宴での席次表や席札、プロフィール表やメニュー表などがあります。

 

この中でも、二人が結婚をすることになって招待客が最初に目にするのが招待状です。二人を知らないという人になれば、お相手の人はどんなイメージの人なのかをここから感じ取ってしまうものであり、これからの結婚披露宴はどんな感じになるのかといった雰囲気も招待状の雰囲気によって想像してしまうものです。

それだけに、二人らしさが表現できるようなデザインを選び、マナーにもきちんとしておきたいものです。
結婚式の招待状を送る時に用意するものとしては、本状の他にも切手を貼った返信用のはがき、封筒、会場までの地図、挙式にも参加してもらいたい人にはその旨を伝えて集合時間や集合場所を記入した紙も忘れないように入れるようにします。

 

また、会費制であれば会費袋が用意されることもあります。

これらを送る時の封筒の切手は、普段使用しているものではなく慶弔用として郵便局で販売されているものを利用します。中身の重さによっても切手の料金が変わってくるので、足りないということのないように気を付けなければなりません。また、宛名書きは印刷をしてしまうか手書きをするのであれば毛筆で書く必要があります。
招待状は、できるだけ会って手渡しにすることがマナーとされています。その際には封筒の切手は必要がありませんが、封筒の封を糊やシールで止めないというのも常識とされています。

Versailles gold(ベルサイユ ゴールド)結婚式招待状高級デザイン 印刷/手作り対応

ベルサイユ ゴールド

他にも、封筒には住所を書かないということも重要です。手渡しにするにせよ遠方の人に郵送をするにせよ、事前にこの日に結婚披露宴を行うことになったので来てもらいたいということを事前に話しておくことは重要です。

 

結婚式はマナーがたくさんあるものであり、自分の家族や親せきはよくても相手や相手の親戚にまで迷惑をかけてしまうことがあります。初めてのことで分からないものですが、しっかりと調べて失礼のないようにしましょう。



結婚式招待状の手作り通販72card

-招待状について
-,

Copyright© 招待状専門店72cardのBlog , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.